#

Values

こどもの未来はこどもがつくる

先生指導型の教育ではなく、子供の意思や考えを尊重する

10年以上に渡る子供たちと過ごす日々の中で実際にこどもたちの中にある秘めた力をみて、感じてきました。先生指導型の教育ではなく、子供の意思や考えを尊重する。 子供主体の関りが、子供の生きる力を育てるということを経験し、知りました。
大切なことは大人である私達が「子供と関わり、どのような環境を与えるか」だということを。

日々の日常生活や世界の状況はいつ、どこでどのようになるか分かりません。
いつの時代でも、生きる力が最も必要な力です。生きる力が結果的に命を守ります。その力は子供たちの中にあります。

昔から多くのこどもを真に愛する教育者が こども主体の教育法を考えてきました。
彼らに倣いながら子供の身体と心と精神が総合的に バランスよく育つにはどうしたらいいのか そのことを大切に真剣に日々取り組んできました。

そして生まれたフュージョン(融合)教育 それがバリュー式メソッドです。

これからはもっと国を超えて関わり合い たとえ混乱した世の中になろうとも共に支えあい生きていく時代になります。
そのような未来に向かってこどもを尊重しながらどう子育てをしていくか。多様に人と関わるための英語を話すようになるにはどうしたらいいのか。
そんな悩みや疑問を解決してくれるメソッド。
日々深く関わるこどもに関わるお母さん、お父さん、先生たちはこどもに大きな影響を与える存在です。その影響が日々積み重なってその子が自分自身を作っていく時に「真の愛情と、必要な情報と、適した環境を与えられるよう」応援してくれるメソッド。

こどもの未来をこどもが作れるようにサポートするバリュー式メソッドがここにあります。

画像

英語教育、バリュー教育(ポジティブディシプリン)、モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、レッジオエミリア教育のこども主体教育を融合した国際教育こどもが持っている力を引き出し、こどもの英語力と人間力を伸ばすメソッド。


良い感情
(バリュー&ポジティブディシプリン)、知性(モンテッソーリ)、創造力・想像力(シュタイナー)、アウトプット(レッジオ)

・こどもの持っている良い感情を引き出すこどもへの対応の仕方(バリュー教育・ポジティブディシプリン)

・こどもの自然な成長を促す五感を磨き知性を育てる。
芸術活動を通して創造・想像する力を伸ばす.バリューで心を養い、モンテッソーリ、シュタイナーで技術を身に着け、それらの力を実際にレッジオエミリアプロジェクトを通して実践する教育です。